カードローン

カードローンと消費者金融の違い?

一昔前の銀行とは企業向け融資が主流であり個人向けローンには乗り気ではありませんでした。しかしバブル時期が終わった頃から銀行は莫大な負債を抱えていたのを後目に、個人向けのローンが主流の消費者金融業界は莫大な利益をあげていたわけです。

そんなおいしい儲け口を大資本の銀行が見逃すわけはなく、時代の流れとともに当時の大手消費者金融(プロミス、アコム、アイフル、レイク)などは何れも大手銀行系資本の傘下となってしまいました。

更に個人向けのローンとして売り出したのがカードローンという商品です。これは何も目新しいものではなく、予め限度額が設定されているカードを利用してお金を借りるだけのもので、消費者が金融業者からお金を借りるという行為以外の何物でもありません

しかしカードローンという言葉の響きに多くの人が借金という概念が希薄になってしまっているのが現状で、そのあたりを狙って生み出したのがカードローンといってもいいかもしれません。

クレジットカード

また、簡単にカード一枚で買い物ができてしまうのも怖いもので、この場合消費者は金融業者に支払いを立て替えてもらっていることになり、金融業者から販売店に代金が支払われていることになります。当然ながら消費者は立て替えてもらった代金を金融業者に支払うことになりますが、その際に分割払いを指定しているのであれば元金とあわせて利息を支払ねばなりません。

しかし毎月の支払い額が少ないことからこういった借金をしたという概念が希薄になってしまって、さらに物欲という欲求を満たすためにクレジット払いをする若者が後を絶たないのが現実です。

審査

リボルビング払いの危険性

こういった借金と思わせないような支払い方法が諸悪の根源といっても過言ではないのですが、毎月決まった額を支払う方法をリボルビング払いといいます。利用限度額内であれば、どれだけカードを利用しても毎月の支払額は一定なので、返済が楽なのは事実ですがこれはいつまで経っても元金が減らないという事実を意味します。

つまり毎月いつまでも利息を払い続けなければならないということです。ローン会社にとったらこれほどおいしい商売はないわけで、こういった利息を払い続けてくれる顧客が多くいればいるほど営業利益は上がる一方です。

19/11/09 7:33:22