お金を借りる理由

貸金業者の歴史

お金を借りる人がいるから貸金業者が存在するのは、需要と供給の関係になります。お金を余分に持っている人がお金を必要としている人に貸し付ける行為は、奈良時代にはすでに存在しており、鎌倉時代になると物品を担保にしてお金を貸し付ける「クラ」と呼ばれる貸金業も現れました。

以降、国内における貸金業者は名称を変えて現在に至りますが、いつの時代であっても「お金を貸して利益を得る」という商売は存在していたのです。

奈良時代鎌倉時代江戸時代昭和時代

生活費の不足が借金の要因

統計によると、消費者金融等の貸金業者からキャッシングをする理由について、一番多かったのは「生活費の補助」が半数近くを占めています。中にはギャンブルや遊興費といったレジャー資金にする人もいますが、それはごく一部の割合で、多くの人は生活の困窮が借金の理由です。

生活が困窮する理由は様々ですが、根本は毎月の収入で生活のやり繰りができなくなったことにあります。それは社会情勢によるリストラや給与削減といったことも関係していますし、本人の浪費が原因である場合もあるでしょう。

考えられる解決法として、ギャンブルや遊興費による借金であれば、心を決めて一切の行為を止めることが出来れば済むことです。依存症になっている人は他の趣味を見つけるなりして努力をして解決しましょう。また、日頃の浪費癖がある人は家計簿をつけるなどして支出の見直しをするが必要となります。いずにせよ、お金の出し入れを管理することが肝要ということです。

お金を借りた理由

収入の問題での借金

ギャンブルや浪費による借金は生活態度を改めることで改善は可能ですが、リストラ等で収入に問題がある場合はそう簡単には解決できません。こういった場合、返済するお金がないから他の貸金業者で借りざるを得ないことになってしまい、やがては多重債務に陥ってしまう人は少なくないのです。

解決策とすれば、休日や夜間に他のアルバイトなどをして収入を増やすか、それとも現在ある借金を低金利のおまとめローンを活用して一本化するか、あるいは一切の返済をあきらめて債務整理をするかの方法になります。最後の債務整理は最後の手段ですので、なかなか踏み込めないでしょうし、もしも自宅などがある場合は差し押さえの憂き目にあってしまうことになることから、十分考えて行動されることをお勧めします。

19/11/09 7:33:43